記事一覧

鉄分豊富でございます!

ファイル 1335-1.jpgファイル 1335-2.jpgファイル 1335-3.jpg

久しぶりに仔鳩が入荷でございます!フランスではとてもポピュラーな食材ではありますが、日本ではいまだになかなか浸透しないお肉の一品であります。赤い肉質は鉄分豊富で大変美味!パサつきやすので繊細な火入れが美味しさを左右します。これ、私のスペシャリテ!鳩の胸肉をグリむきにしてイベリコ豚でとったコンソメで低温ポッシェ。モモ肉は皮とフォアグラ、シャンピニオンデュクセル、ニンニクハーブでラヴィオリに。鳩の香りの付いたコンソメにトリュフを加えて軽くとろみの付いたスープを仕上ます。お皿に別で湯がいたラヴィオリと薄くスライスした胸肉を添えて上から熱々のトリュフコンソメを流し込みます。軽くとろみがついているので素材に絡みついた美味しさは格別です!見た目も鮮やか、鳩の美味しさを十分に味わ得ること間違いなし!鳩はちょっと…と思われている方、初めて食べる方、ぜひお試しください!鳩の美味しさにイメージが変わりますよ!

トロピカルビターです!

ファイル 1334-1.jpgファイル 1334-2.jpgファイル 1334-3.jpg

怒涛の週末!おかげ様でたくさんのご来店、本当にありがとうございます!
この忙しいなか、いきなりですが新作です!!熊本よりパッションフルーツが届きました!プチプチとした食感と程よい酸味。甘みの熟成感はまだはやいですが、なんと言ってもこのフルーツの特徴は香り!トロピカルな南国を感じる夏の代表格です。
最近お気に入りのオーガニックのカカオマス80%のビターチョコ。これとパッションフルーツを合わせてブリュレを焼き上げましたよ!シャープで甘いカカオの香りにパッションの酸味と甘み。ブリュレの香ばしさも最高のアクセント。チョコレートとフルーツの相性はどれも抜群ですが、せっかくのこの時期ですので南国のブリュレを味わって頂きましょう!!かなり美味しい夏のクレームブリュレ!ぜひお召し上がりくださいませ!美味しいですよ!!!!

夏の三国ラッシュでござる。

ファイル 1333-1.jpgファイル 1333-2.jpgファイル 1333-3.jpg

さあ、6月最後の週末でございます!!まずは夏の三国ラッシュでしめましょう!!
ビリビリのスズキに夏コチ、黄アコウも再入荷。そしてオコゼも今季初登場です!!
まさに夏の代表格のラインナップが出そろいましたぞ!!そしてなんと、前回大好評でした越前の天然岩ガキ!!!4個のみ!4個のみ再入荷でございます!!こいつは本当に美味し!!!早い者勝ちです!!待ちわびて、恋に落ちて、ブーメランストリート!さあ、怒涛の2日間突き抜けます!!

最後の汁かけ飯

ファイル 1332-1.jpg

北条氏政、誇り高い武将の最後に感涙です。昨日はなんと20年ぶりに辻のフランス校時代の先生にご来店頂きました!20年という歳月は長いようで短いもの。顔を見てお互い当時を思い出して話が弾みました。先生も当時と変わらず元気でいらっしゃってご活躍のご様子。とてもよいお話しも聞かせて頂いて感謝です。人と人とのつながりとは深いものですね。本当にご来店頂き、嬉しかったです。またぜひお会いできることを願っております。さあ週末!新作で皆様を迎え入れたいと思います。頑張ります!

フカフカですじゃ。

ファイル 1331-1.jpgファイル 1331-2.jpgファイル 1331-3.jpg

アンフュージョンの椅子もいよいよ修復に!流石に7年以上も使用していると至る所に傷みが。気にはなっていたのですが、中々時間と経費のバランスがとれなくて。お客様にはご迷惑おかけしましたが、昨日わたくし指定の腕の立つ職人さんに埼玉からきてもらって無事修復完了!!!!と言うか前より断然座り心地が違いますぞ!!さすがプロ!柔らかすぎず、硬すぎず、もう最高!!!椅子ってほんと大事ですよね。この修復作業に5時間費やしたのですが、こだわりのなせる技!大満足です!!これでお客様もゆっくりできてリラックスしながら食事ができるでしょう。早く、早く、座ってちょうだい!

五つ星ですぞ~

ファイル 1330-1.jpgファイル 1330-2.jpg

先週もたくさんのご来店本当にありがとうございました!数少ないムラサキウニもあっと言う間に完売!シーズンはこれからですので、また入荷したらご案内しますね!
久しぶりにオーストラリア、メルボルンのファイブスターラムラック登場です!約2年ぶりでしょうか?なかなか仕入れ量が少なくて、今回特別にゅうかです!ファイブスターラムとは品名でそれだけ生産者がこだわっていると言うこと!天然放牧は当たり前!餌や環境にこだわり、より自然に近い状態で育てているため肉質にストレスがありません!脂もほどよく赤身も柔らかくほのかに甘い!脂を食べればその肉質が分かり易いですよね。融点が低く臭みがないので本当に美味しい仔羊の証明です!メルボルンのファイブスターラム!ぜひお召し上がりくださいませ!今週もよろしくお願いします!

黄アコウ再登場!

ファイル 1329-1.jpgファイル 1329-2.jpgファイル 1329-3.jpg

いや~いきなり夏がやってきました!最高に気持ち良い日々でございます!!きょうも暑くなるそうです。皆様外出の際には熱中症にお気を付けくださいね!三国の鮮魚も絶好調!最上級の平目。あまりの鮮度の良さにガチガチにしまっております!昨日から1日寝かしておきましたので今日から最高の状態でお出し出来るでしょう!やはりヒラメは美味しいです!そして黄アコウ。関東ではキジハタと呼ばれているとても美味しい魚です。皮はとても固くて焼いても無理。引いて調理するのが基本です。しかし皮下に最高のゼラチン質の旨みの塊があるので、丁寧に引くことをおすすめします。中華でもよく使われる高級魚。蒸すのが一番適した調理法ですが、優しく焼き付けるのも美味!淡い淡泊な味なので、少し濃いめのソースがよいでしょうね。ランチのアサリのソース、ディナーの桜エビのソース、どちらも相性抜群です!蒸し暑い毎日ですのでぜひアンフュージョンで美味しい鮮魚料理をお楽しみくださいませ!

イガイガ

ファイル 1328-1.jpgファイル 1328-2.jpg

さあ、夏の醍醐味ムラサキウニのイガイガが三陸より入荷でございます!!もちろん活ですので、トゲが危険。でも流石にうまし!!!!!ミョウバンを使用している板ウニとの違いは歴然!甘い、とにかく甘い!!流石です!!(値段も流石です!) これを食べてしまうと板ウニは食べれませんよ!とにかく身をかき出してからが勝負!溶けだしてくるのでせいぜい2,3日が限界。とても美味しいですが高価な高級品。2個だけ限定ですのでお早めにどうぞ!!!ちなみに海育ちのワタクシにとってこのイガウニは最大の武器でした。

自家菜園と大石プラム

ファイル 1327-1.jpgファイル 1327-2.jpgファイル 1327-3.jpgファイル 1327-4.jpg

初夏のフルーツの先駆けでございます!大石プラム早生が入荷でございます!和名はスモモ。日本スモモはプラム。西洋スモモはプルーン。この2つに分類されています。生食でも十分ですが、若いものは酸味が強くきついかも。十分熟成されたまっ赤なプラムはとてもジューシーで香りも高貴、とても美味しい私も大好きなフルーツです。一般には西洋スモモは加工用にも適していると言われています。普段見かけるドライプルーンなどはその代表格ですよね。日本で最初に出始めるのが大石プラムの早生。福島の大石氏が昭和二七年に育てたのが始まりだそうですよ!けっこう歴史が長いのですね。まだ出初めで酸味も強く生食は難しいですが、この酸味を利用してグラニテに。白ワイン、タイム、ミントで香りをつけて剥いた皮を煮出して色素と香りを補っています。果肉は煮込んでペーストに。これを加えてシャリシャリの香りお口直しの完成です!栄養価も高く、葉酸も多く含むので貧血予防や高血圧の方にもおススメでございます!これからソルダム、太陽プラム、貴陽など名だたる銘品が続々登場します!まずは大石プラムで初夏の醍醐味をお楽しみください!そうそう、自家菜園のナス、アイコトマト、できましたあ!!!春に槻田氏が植えたのですが、アンフュージョンは日当たりが良いので立派に育ちました!(1つだけですが…。)流石にお客様にお出しすることは出来ないので、皆で美味しくいただきました!けっこう美味しかったですよ!やっぱり採れたての野菜は美味しいです!あらためて実感です。
もしアンフュージョンの店先で見かけても採っちゃだめですよ~っ!!

黄色いハイビスカス

ファイル 1326-1.jpg

今年もアンフュージョンに黄色いハイビスカスが届きました!毎年夏にお客様をお迎えする大切なお店のおもてなしです!このハイビスカス、専門の職人さんが作りあげて下さる希少なもので、枝から花までとても丁寧に仕上げられているとても美しいハイビスカスです。仕入れしてくださるエンヤーズガーデンさんが言っていたのですが、この職人さんも後継者がいないらしくこの代で終わりらしいのです。どの業界もそうですが、手のかかる職業の価値と言うのが失われつつあります。我々も他業種ですが同じく職人。サービス業ですのでなかなか若者が飛び込みにくい仕事ではあります。若いからこそ夢をもって手に職を…。こんな時代はもう昔の話なのでしょうか?そりゃあ束縛されている労働時間はきついでしょうが、こんなにも人を幸せにできる素晴らしい職業はないのも事実なのです。
こんなにも素晴らしいハイビスカスを育ててくださる職人さんに本当に感謝!なんか寂しい気持ちにはなりますが、時代の現実が後継者不足にならざるを得ない。こんなことってあるのでしょうかね。ぜひ頑張っていただいてこの価値を存続させることを願っております。さあ、皆様アンフュージョンの素晴らしいハイビスカスを今年もご堪能くださいませ!

ページ移動