記事一覧

グリーンバブルス君

ファイル 1554-1.jpgファイル 1554-2.jpgファイル 1554-3.jpgファイル 1554-4.jpg

はい~!週末なのに新作です!!この暑さにぴったりの鮮魚のお酢のマリネ。フレンチの王道エスカベッシュ、アンフュージョンオリジナルバージョンです!
鮮魚は九州の名産地、玄界灘産のハタ!皮は硬いので食べられませんが、身質はしまりが良く濃厚な高級魚。香味野菜をベースに加え、お酢は米酢と白バルサミコ、白ワインを混ぜ込み、ねずの実、タイム、オリーブオイルで煮上げます。夏野菜のグレック風に一口大のハタのマリネ。高糖度のアイコトマトをピクルスにして添えてございます。
ここで加えるのが大根おろし!水気を硬く絞ってマリナードを含ませソース替わりに魚に添えてマイルドに仕上げています。夏という事でバジルの香りが欲しいですよね~。そこで白ワインとバジルで作ったバジル水をレシチンで泡立て、ふわりと香りを添えるのですよ!フワフワのバジル泡と濃厚なハタの旨み、シャキシャキした夏野菜のマリアージュは最高ですね!さっぱりと美味しい夏の一皿!見た目も涼しげですよ!!ぜひどうぞ!

すしざんまい

ファイル 1553-1.jpgファイル 1553-2.jpgファイル 1553-3.jpg

青森・大間と言えば本マグロ!!大間はマグロだけではございません!今回は極上のヒラメが入荷でございます!透き通った身質は刺身にも最適!焼きも当然美味しいのですがやはりマリネでしょうね。北の魚はしまりがよいのですが、魚の扱い方に漁場の特徴が出るので私的には好きなポイントが限られてきます。下北半島はとても良い漁場ですよね。
週末はこのヒラメで勝負です!どうぞお楽しみに!
話は変わるのですが、今鶏インフルエンザの影響でフォアグラも本当に希少な物になっています。アンフュージョンは今回特別ルートで初めてカナダ産の物を扱ってみました!
うん!けっこう物が良いのでびっくりです!焼いたときの脂の溶け具合と香りがフォアグラの良さを象徴するのですが、まずまずです。まあ変なフォアグラでしたらおだしできないのですが、フランス産には劣るものの美味しさは十分です!
フォアグラ好きな方!多いと思います!アンフュージョンはこのカナダのフォアグラでお客様に喜んでいただこう!さあ月末最後の週末!どうぞよろしくお願いいたします!

リッチ、ライチ、リッチー

ファイル 1552-1.jpgファイル 1552-2.jpgファイル 1552-3.jpgファイル 1552-4.jpg

5月とは思えない暑さにテンション上昇です!!暑さに弱い相川氏を横目に楽しんでおります!!
そして初夏を通り越して、夏の?新作です!!!沖縄と言えば何となく真夏。沖縄と言えば黒糖!!と言うわけで黒糖のブランマンジェ登場です!!黒糖の特徴は奥深いコクとその栄養素。牛乳に浸せばさらにその旨みが引き立ちます!ギリギリのゼラチンが口どけも良く、喉越しも滑らかです!合わせるのは渋めに赤ワインで煮込んだアメリカンチェリーのコンポートとライチのソルベ!!楊貴妃も愛した瑞々しいシャーベットは黒糖の旨みをさらに引き立てます。バナナのねッとりキャラメリゼも添えて口の中は南国ムード。
う~ん夏を先取り!美味しい夏のブランマンジェをぜひどうぞ!!!

亀の甲より年の劫

ファイル 1551-1.jpgファイル 1551-2.jpgファイル 1551-3.jpgファイル 1551-4.jpg

かめのこ!アンフュージョンブレイク中の田村牛!シンシン、カブリ、トモサンカクは完売!残すはこの希少部位かめのこ!お肉通の方ならご存知でしょうね!シンタマ肉の一部なのですが、表面がかめの甲羅のように見えることから呼ばれたとも。なんとも脂のさしはもちろん極上で、なにせ他の部位より赤身が強い。柔らかさは格別なのですが、脂が少ない分焼き過ぎにご注意。とにかくレアであれ!お肉の部位も経験と勉強ですよ!たくさん見て触ってみよう!チャンスがあればね!!

大天使ミカエル

ファイル 1550-1.jpgファイル 1550-2.jpgファイル 1550-3.jpgファイル 1550-4.jpgファイル 1550-5.jpg

ファンタジーの世界は夢があります。今日は休日、真夏の天気に外に出ると心地よいです!
植木の水が気になるのでたっぷり入れておきました~。私も大好きなミカドコーヒー(加糖がおススメ!)でも買って一息つきましょう!
夏の新作はまだまだ続きます。今週もご期待くださいね!
さあ、今日は気分転換に世田谷通りの並木通りで光合成しよう!仕事はメリハリ!
皆も疲れているでしょうからゆっくり休んでね。明日からまた頑張りましょう!
皆様よろしくお願いいたします!!

ガラスのクルーズ

ファイル 1549-1.jpgファイル 1549-2.jpgファイル 1549-3.jpg

先週もたくさんのご来店本当にありがとうございました!夏も少しずつ近づいてきたことだし、ガラスのお皿を購入です!アンフュージョンでは初?でしょうね~。白い皿は料理が映えるので大好きなのですが、たまには良いでしょう。うん!やはり涼しげで中々良い物ですね。石垣島のパイナップルが出始めたので、バニラと白ワインでコンポートに。ベルべーヌのハーブを効かせた柔らかいゼリーと初夏のフルーツ。アメリカンチェリーも美味しいですよね。カシスのソルベを添えて一足早い夏のデザートです。
食後には最高ですよ!さあ今週もはりきってまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

秘密の答えは…

ファイル 1548-1.jpgファイル 1548-2.jpgファイル 1548-3.jpg

昨日は真夏日でした!!暑かったですね^スペイン語で秘密はセクレトと呼びます。
そう!と言うわけでイベリコセクレト、3年ぶりに入荷でございます!!
とっても希少な部位で和名は豚トロ!その名の通り濃厚な赤身の中にきめ細やかな脂が綺麗に差し込んで、とても柔らかです!イベリコの脂は決してしつこくありません。
すっと身体の中に入ってきます。だから珍重されるのですよ。あまりの美味しさにスペインでは昔現地で消費されていたようです。付け合わせは南仏ラタトゥイユ。煮詰めたバルサミコの酸味と甘みでキリっと食べてもらいましょう!!
それでは暑さを吹き飛ばす焼きイベリコ!ランチに登場です!!

新緑ですのね

ファイル 1547-1.jpgファイル 1547-2.jpg

初夏の新緑のまぶしい季節でございます。そこでグリーンティーの新作です!!
ちなみにハーゲンダッツはグリーンティーが一番好きですね~余談ですが。
今回は有名な京都宇治抹茶を使ったグリーンのクレームブリュレ!濃厚でかつ香り高く本当に美味しいブリュレができましたよ!上に添えていますのはマイルドなマスカルポーネのアイスクリーム。隠し味にココナッツのピューレを練り込んで、少し軽やかにコクを加えています。アクセントにほんの少しだけ甘酢っぱいバルサミコソースをちょろりとおかけします。ブリュレの香ばしさにベストマッチ!かなり美味しいのでぜひどうぞ!!

やっぱり鮎でしょ!

ファイル 1546-1.jpgファイル 1546-2.jpgファイル 1546-3.jpgファイル 1546-4.jpgファイル 1546-5.jpg

スイカの香りは鮎の鮮度のあかし!この時期はやっぱり鮎でしょ!ってなわけでアンフュージョン初夏のスペシャリテ!鮎のリエット、今年も登場です!!!
鮎は淡水魚の中でも一番繊細。身質も濃厚で柔らかく、とっても美味!私はとても大好きです!!頭から、内臓、骨まで食べれる鮎ですが、今回はセージの香りといっしょにベーコン、玉ねぎ、ラードでじっくり丸ごとコンフィー。骨の中までトロトロです。これをフードプロフェッサーにかけてしっかり裏ごしです。ラードに移った鮎脂でゆっくり粘りが出るまでつないでリエットにします。香ばしい香りがさらに美味しさを引き立てます。
さらに鮎の燻製も燻し焼きにして添え、ピクルス、ニンニク風味のクルトンと野生のアスパラを添えてお出しします。塩もみ胡瓜をすりおろしてペルノー酒で香りをつけたソースが清涼感たっぷり!!かなり美味しいです!!ぜひぜひ季節の醍醐味をお楽しみくださいませ!!!!

ホテルネグレスコ。

ファイル 1545-1.jpgファイル 1545-2.jpgファイル 1545-3.jpgファイル 1545-4.jpgファイル 1545-5.jpg

言わずと知れたニースの高級ホテル。19歳の私は当時何も知らずTシャツで行ったんですよね~っ。まわりを見渡すと紳士、マダム達はスーツにドレス。ウゲ~っと思ったのですが知らん顔しておきました。若さって本当に怖い物知らずですよね。お目当てはホテル内にあるレストランシャンテクレール!どうしても食べたくてね。
うんうん、そんなわけで南仏の名物料理、ラタトゥイユ。最近は変な物が多い中、アンフュージョンはお師匠直伝の王道ですよ。当然お野菜の美味しさが旨みを左右するのですが、日本ではフランス産直とはいきませんよね。アンフュージョンは信州野菜が届くのでこちらでご用意!トマトだけはこだわりのイタリアのサンマルツァーノの濃縮ペースト。
玉ねぎの甘味とトマトの濃縮感、わざと野菜の食感を活かして手早く煮込みます。
冷めても美味しいラタトゥイユ。王道で味わう季節感をどうぞお楽しみください!!