記事一覧

ラスト・つきブロ

ファイル 340-1.jpg

皆様、おはようございます!槻田です。
昨日7/31をもって、アンフュージョンを退社いたしました。
本当に皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
どうも今までありがとうございました。
皆様にご報告をしてから本当にたくさんの連絡、激励、
ご予約、お問い合わせが多くて、とても驚きました。
こんなにも私のことを思ってくださる方々の多さに、
なんて自分は幸せな人間なんだ、と思うと同時に、
これから向かう自分の道の責任の重さも実感している所です。
必ず今後の形が見えてきましたら、ご報告させていただきます。
そして、今後ともアンフュージョンを末長くよろしくお願い致します。
本当に本当に、ありがとうございました。お元気で!

※たまには、ねぶた祭りの時なんかにひょっこり
現れるかもしれませんので、その時はよろしくお願い致します。

千秋楽になりまする

ファイル 339-1.jpg

おはようございます!槻田です!
いよいよ最終日です。忙しいですが、心も身体も元気いっぱいです!
今日も一日、よろしくお願い致します。
このまかない用コーヒーの私のカップも今日でお役御免です。。

東北の夏

ファイル 338-1.jpg

おはようございます!槻田です!
残り3日間、集中してまいります!
梅雨も明け、今朝は東北も明けましたね!
暑ければ暑いほどに集中力も新陳代謝も高まります。
シャンパンもエッチィエンヌ・ルフェーブルに緊急変更!
皆様、どうぞよろしくお願い致します。

もう少しあと少し

ファイル 337-1.jpg

 おはようございます!槻田です。
あとアンフュージョンで働けるのも5日です。
本当に早い。本当に皆様ありがとうございます!
がんばります!!
桃のコンポートに合わせて、ロワール地方の甘口モンルイ開けてます。
「モワル~」という、中甘口に分類されますが、甘いだけじゃなく
酸味もきっちりあり、フルーツ、特に桃とピンポイントにきますよ!!

あと9日。雨でもロゼがお好きでしょ♪

ファイル 336-1.jpgファイル 336-2.jpg

 おはようございます!槻田です。
梅雨あけませんね~。それでもロゼロゼ。あけてますよー!
ちょうどディナーのお魚のソースがアンチョビになりましたしね。
南フランス・ラングドックの中でも少しスペイン寄りの地区から、
グルナッシュ・グリのロゼです!
プロヴァンスのような陽気さは少し薄れますが、ミネラル由来の
カチッとしたコクが増えるので、アンチョビの塩味や苦みが、
同じライン上に浮いてきて、お互い引き立て合いますよ!
もちろんアペリティフにも持ってこい!
晴れ空の下飲んだら最高でしょうね!!雨やまないかなぁ~

あと10日です。

ファイル 335-1.jpg

おはようございます!槻田です。
皆様、本当にたくさんのお問い合わせやご予約、ありがとうございます。
本当に私は恵まれているんだなと感謝の気持ちでいっぱいです!
アンフュージョンでの仕事もあと10日です。
少しでも皆様のお気持ちに応えられるようがんばりますので、
よろしくお願い致します!
さて、ただいまメインにシュークルートが登場しております!
アルザス開けるしかないでしょう!ということで、
アンフュージョンにも食事に来てくれたミューレのリースリング!
あぁ!理屈抜きのマリアージュ!美味しい!
美味しいですよ!!

ご報告。

 皆様おはようございます。槻田です。
今日は、昨日シェフからも連絡がありましたが、改めてのご報告です。
私は今月の7月31日をもちまして、アンフュージョンを退社させて
いただくことになりました。
新卒で二子玉川のイレール・ドゥーブルに入社してから約12年、
シェフをはじめ、先輩方、業者の方々、そして、アンフュージョンに
ご来店くださるすべてのお客様にまずは、感謝申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。
今後の詳細は、まだはっきり決まってはいないのですが、地元の
福島に戻り、小さくとも地元の人達にもワインを美味しく、そして
楽しく飲んでもらえるようなお店を作りたいと思っております。
これまで、かわいがって頂いたお客様には大変申し訳ない気持ちも
ございますが、これも自分自身の一つのステップアップだと
思いますので、ご理解頂ければ幸いです。
退社まであと一ヵ月をきりましたが、それまでは精一杯、
これまでの集大成だと思いサーヴィスさせて頂きますので、
何卒よろしくお願い致します。

アンフュージョン 槻田雄太

ムーラン・ルージュ

ファイル 333-1.jpg

 おはようございます!槻田です!
仔鳩のお料理がスポットで入ってきましたね!
最近白ワインばかりおススメしていましたが、ここはやっぱり赤ワインですね!
本来、ボルドーとかしっかりめのワインを持ってきますが、
ここはこの季節と、ソースもサルミでなくコンソメポッシェというのを考慮して、
ブルゴーニュや、南仏(柔らかめ)のワインと合わせましょう。
でも、今日は攻めのマリアージュでクリュ・ボージョレ開けちゃいますよ。
さすがに軽いんじゃ・・、いやそんなことはありません!
10ある村の中でも、一番熟成に向くと言われるムーラン・ナ・ヴァンです!
これは村の名前ではなくて、村にある風車からきています。
果実の凝縮感、タンニン分も乗って程よい樽のかかり具合。
冬とはまた違ったマリアージュを楽しんで頂ければと思います!

フラフラ~

ファイル 332-1.jpg

おはようございます!槻田です!
ローヌの白が新しいヴィンテージに、ボトルも透明になって
切り替わりました!
こういうワインは、透明な方がより美味しく感じます!
ヴィオニエとルーサンヌのブレンドは変わらず、濃い黄金色が
ボトル越しに輝いています!
パイン、マンゴー系のトロピカルな芳香、
アルコールのボリュームからくる甘み、引き締め役のミネラル、
穏やかな酸味は南の島を連想させてくれますよ。
まだまだジメジメですが、少しの時間、常夏を味わってくださいな!
ランチのお魚料理とバッチリですよ!
地アサリと黄色が鮮やかサフランナージュと是非!!

いくぜ、南仏!

ファイル 331-1.jpg

 おはようございます!槻田です。
メイン料理の仔羊ですが、背肉にモモ肉まで入ってきましたので、
今日も赤ワインをご紹介しましょう!
自然としっかり目のワインを開けることが多くなります。
ボルドーワインが定番ではありますが、
ここは季節的にも柔らかいワインが好まれますので、
南仏ラングドックと合わせましょう!ミネルヴォワ地区の
シラー主体にカリニャンとムールヴェードルのブレンドです。
黒みも感じる深い色合いに、南仏らしい力強いベリー系の
濃縮感のある味わいにコショウ一振りがアクセントです。
そしてなんと、渋みは感じないくらいに滑らかで、
バテ始めたこの時期にも飲み疲れしません!!
ぜひお楽しみください~っ!!